そこの「人材派遣」とは何ぞや?とお考えのあなた!このサイトは、人材派遣の分かりやすい説明などを書いているページです!

人材派遣でお仕事!.com タイトル画像

トップページ > 人材派遣の期間について。

「人材派遣」の期間について。

実際に人材派遣をされる期間はどのくらい?

あなたが人材派遣登録会社に登録して派遣社員になるとして、
もし、あなたが人材派遣されることになったとしたら、まず考えること、
それは、誰でも気になるところが「派遣期間」のことだと思います。

派遣期間とは、人材派遣会社から、あなたが顧客企業へ人材派遣され、その企業で働く期間のことを言います。

一般的に思われるのは「どうせ、短期なんだろう」思う人もいれば、実際に人材派遣されてみたら、その人材派遣の期間が長期だったという人もいて、さまざまな思いがあるでしょう。

実際に、人材派遣されるような期間は、単発のものもありますし、人材派遣の期間が長期となるまで、実にさまざまな期間で働いている人が居ます。

一般的に人材派遣されている期間は、
「単発」であるなら、”1ヶ月以内”、
「短期」であれば”1ヶ月以上・3ヶ月未満”、
「長期」の人材派遣であるなら”3ヶ月以上”となっています。
また、 「系列型」と呼ばれる人材派遣会社の場合、半年?1年の人材派遣となることもあり、またはもっと長めの人材派遣の契約期間であることが少なくありません。

仮に契約期間の更新を繰り返しても、「臨時的」または「一時的」な人材派遣の場合、原則的に1年、またはその条件によっては、上限が3年までと定められています。
もしも、その期間を超えてまで派遣社員を雇用するという場合には、人材派遣先の企業は、その派遣社員に対して直接雇用を申し込むという義務を負うことが、派遣法で決められてはいます。
ですが、26業務の専門的な人材派遣契約の場合は、原則3年以内と決まっていますが、人材派遣の契約の更新可能であるため、実質的には契約期間の制限が無いといっても良いでしょう。

また人材派遣の契約において、人材派遣先の会社、そして人材派遣元の会社との間において、「この人は何ヶ月で人材派遣契約をします」などと決めたりしますが、この人にもっと居てもらいたいと考えたのなら、もっと人材派遣契約の更新を、人材派遣会社が申し出ることで、契約期間を延長するということも可能です。

ですが、逆に延長する必要が無いと判断すれば、その契約は更新されることもなく、契約終了を迎えることで、次の人材派遣先が決まるのを待たなければならなくなります。

この様に、人材派遣で仕事をするということは、「不安定である」という最大のデメリットがあります。
でも、逆に言えば、その時の自分の都合に合わせて、自分の好きな仕事を選ぶことが可能であるということが、メリットでもあります。
そのような「不安定」な状態でも、自分の都合に合わせて仕事をすることを選ぶのか、または、自分の都合は合わせられなくてもいいということで「安定」を求めるのか、そうったところが、人材派遣の難しいところではあります。

なお人材派遣のシステムの一つで、「紹介予定派遣」というものがあります。
この紹介予定派遣の場合、人材派遣の期間が上限6ヶ月と決まっていますが、数ヶ月間実際に働いてみた上で、その職場の仕事や環境が気に入ったのなら、正社員になれるというものです。
このタイプの人材派遣のシステムなら、いきなり就職・転職活動をするよりも、精神的に楽になるメリットがあるので、会社側にしてみても、数回面接をしただけの人を採用するというより、実際に働いてもらっていた人材派遣でやってきた社員が正社員となるほうが安心して雇用ができるという面を持っています。

このシステムは、人材派遣として働く人にとっても、または会社にとっても、良いシステムであるといわれています。

注目サイト

化粧品を売りたい

2018/9/10 更新

このページの上部へ移動します。